Policy

指導方針

01海外でも通用する正式なワガノワメソッドによる指導

 

 

ワガノワメソッドとは体系的なロシアバレエの教授法で、世界中のバレエ学校で採用されています。

その偉大なメソッドの成果は絶大で、バレエの体を美しく機能的に作り上げ、能力を最大に高める術を持った非常に優れた指導法です。

 

アサミバレエクラスは、本場でも通用する正式なワガノワメソッドに基づくレッスンを行う数少ないバレエスクールであると共に、

日本人の身体やバレエ環境の中でもその絶大な成果を得られるよう、「メソッドの本質」を徹底して追究した独自の指導を行っています。

 

 

■日本の一般的なバレエ教室できちんと行われていることは滅多になく、バレエに正式なメソッド(教授法)があることもほとんど理解されていないのが現状ですが、クラシックバレエのレッスンにはとても厳格なメソッドがあり、海外のバレエ学校では教授法の「国家資格」を持った教師による指導が徹底されています。

 

バレエのような特殊な技能は、プロになるならないも、子供も大人も関係なく、誰にとってもきちんとしたメソッドで学ぶことがとても大切で、なぜ厳格な指導法があるのか理解した方が確実に上達します。

 

厳格な決まり事を守ってレッスンすることで、上手に体を扱うための訓練が自然と出来ていくよう仕組まれているからです。

 

■その中でもワガノワメソッドは、バレエに適した体と能力を『最高に高めるために』考え抜かれた、この上ない教育システムです。

 

ロシアバレエの素晴らしさはロシア人だからというより、このメソッドによる成果と言い切れますが、そのレッスンの本質をきちんと理解すれば、私達日本人にも素晴らしい恩恵を得られることが実証されています。

 

しかし、それには条件があり、どうして決められたやり方でないといけないのか、をきちんと理解してレッスンすることが絶対に必要なのです。

 

ワガノワメソッドには最高のダンサーを育てるためのノウハウが詰まっていますが、それには決められたやり方を正しく実行できる『身体と頭脳』がなくてはなりません。

 

いわば「優れたダンサーを作るレシピ」のようなものなので、レシピ通り実践しないとおかしなものになってしまうのです。

 

ですから、日本のバレエを学ぶ環境や誰でも習える状況の中では、ただ形だけの真似事のレッスンでは絶対に成果は出ないでしょう。

 

しかし、レシピの意味を知っていて、それぞれの条件に即した指導ができれば、本質的に同様の効果を得ることは可能なのです。

 

 

■メソッドの本質を正しく理解し、素晴らしいダンサーを育てるために!

 

日本では教師がメソッドを習得していても、それだけでは生徒に正しく実践させることが難しいのが実情…。

 

それが心底わかっているため、アサミバレエクラスでは型通りのレッスンをただ行うだけではありません。

 

メソッドの深い本質を追究し、意味を理解して実践することで、誰にとっても確実な成果をあげることができる、それぞれに適した有効な指導を徹底して行っています。

 

⇒ワガノワメソッドについて更に詳しく知りたい方は「ワガノワメソッドとは」のページをぜひご覧下さい。

 

ワガノワメソッドとは体系的なロシアバレエの教授法で、世界中のバレエ学校で採用されています。

その偉大なメソッドの成果は絶大で、バレエの体を美しく機能的に作り上げ、能力を最大に高める術を持った非常に優れた指導法です。

 

アサミバレエクラスは、本場でも通用する正式なワガノワメソッドに基づくレッスンを行う数少ないバレエスクールであると共に、

日本人の身体やバレエ環境の中でもその絶大な成果を得られるよう、メソッドの本質を徹底して追究した独自の指導を行っています。

 

 

■日本の一般的なバレエ教室できちんと行われていることは滅多になく、バレエに正式なメソッド(教授法)があることもほとんど理解されていないのが現状ですが…

 

クラシックバレエのレッスンにはとても厳格なメソッドがあり、海外のバレエ学校では教授法の「国家資格」を持った教師による指導が徹底されています。

 

バレエのような特殊な技能は、プロになるならないも、子供も大人も関係なく、誰にとってもきちんとしたメソッドで学ぶことがとても大切で、なぜ厳格な指導法があるのか理解した方が確実に上達します。

 

厳格な決まり事を守ってレッスンすることで、上手に体を扱うための訓練が自然と出来ていくよう仕組まれているからです。

 

■その中でもワガノワメソッドは、バレエに適した体と能力を『最高に高めるために』考え抜かれた、この上ない教育システムです。

 

ロシアバレエの素晴らしさはロシア人だからというより、このメソッドによる成果と言い切れますが、そのレッスンの本質をきちんと理解すれば、私達日本人にも素晴らしい恩恵を得られることが実証されています。

 

しかし、それには条件があり、どうして決められたやり方でないといけないのかをきちんと理解してレッスンすることが絶対に必要なのです。

 

ワガノワメソッドには最高のダンサーを育てるためのノウハウ詰まっていますが、それには決められたやり方を正しく実行できる『身体と頭脳』がなくてはなりません。

 

いわば「優れたダンサーを作るレシピ」のようなものなので、レシピ通り実践しないとおかしなものになってしまうのです。

 

ですから、日本のバレエを学ぶ環境や誰でも習える状況の中では、ただ形だけの真似事のレッスンでは絶対に成果は出ないでしょう。

 

しかし、レシピの意味を知っていて、それぞれの条件に即した指導ができれば、本質的に同様の効果を得ることは可能なのです。

 

 

■メソッドの本質を正しく理解し、素晴らしいダンサーを育てるために!

 

日本では教師がメソッドを習得していても、それだけでは生徒に正しく実践させることが難しいのが実情…。

 

それが心底わかっているため、アサミバレエクラスでは型通りのレッスンをただ行うだけではありません。

 

メソッドの深い本質を追究し、意味を理解して実践することで、誰にとっても確実な成果をあげることができる、それぞれに適した有効な指導を徹底して行っています。

 

02解剖学や運動力学などの 科学的根拠に基づいた指導

■アサミバレエクラスでは、解剖学・運動学に基づく「本当に正しい体の使い方」を徹底追求し、レッスンの効果を最大に高め、

バレエに適した体作りと、テクニックの向上を目指します。

 

『バレエの体作り』といえばトレーニングやエクササイズをイメージするかと思いますが、実は正しいバーレッスンのやり方や意味がわかっていない人が

他のトレーニングやエクササイズをどんなにしても、なかなかバレエの上達や体作りには結び付いていきません。

 

なぜなら、バレエの正しい動きが生み出せない人は、ただ単に筋肉が弱いからとか硬いからではなく、「そもそも正しい動きを知らないから」なのです。

 

「バレエの正しさ」の本当の正体は、ポーズの作り方とか形の問題ではなく、人体の構造や機能から生まれる「運動学的正しさ」に他なりません。

 

それは、本来メソッドや好みに左右されるものではないため、そういう正しさを身に付けることはとても大事で、どこに行っても通用することでしょう。

 

しかし、身体のどこにどのような筋肉があり、どんな機能を持っているか知らなければ、使うべき筋肉を意識することができず、あっても使わせることができません。

 

そこで解剖学や運動学の出番なのですが、実はバレエの体の使い方は解剖学で学んだ機能通りの使い方でないこともあり、ただ解剖学を知っているだけでもダメで、バレエの動きに対する非常に深い研究が必要になります。

 

そして、ただ単に筋肉を鍛えただけではその筋肉の使い方が理解できないため、動きに参加させることは難しいのです。

 

 

アサミバレエクラスでは、バレエに特化した高度な体の使い方を、バレエ特有の解剖学・運動学に変換して追究し、バレエの本当に有効な体作りと能力向上を目指します。

■アサミバレエクラスでは、解剖学・運動学に基づく「本当に正しい体の使い方」を徹底追求し、レッスンの効果を最大に高め、バレエに適した体作りと、テクニックの向上を目指します。

 

「バレエの体作り」といえばトレーニングやエクササイズをイメージするかと思いますが…

 

実は正しいバー・レッスンのやり方や意味がわかっていない人が他のトレーニングやエクササイズをどんなにしても、なかなかバレエの上達や体作りには結び付いていきません。

 

なぜなら、バレエの正しい動きが生み出せない人は、ただ単に筋肉が弱いからとか硬いからではなく、そもそも「正しい動きを知らないから」なのです。

 

バレエの「正しさ」の正体は、ポーズの作り方とか形の問題ではなく、人体の構造や機能から生まれる「運動学的正しさ」に他なりません。

 

それは本来メソッドや好みに左右されるものではないため、そういう正しさを身に付けることはとても大事で、どこに行っても通用することでしょう。

 

しかし、身体のどこにどのような筋肉があり、どんな機能を持っているか知らなければ、使うべき筋肉に指令することができず、あっても使わせることができません。

 

そこで、解剖学や運動学の出番なのですが、実はバレエの体の使い方は解剖学で学んだ機能通りの使い方ではないこともあり、ただ解剖学を知っているだけではダメで、バレエの正しい動きに対する非常に深い研究が必要になります。

 

そして、ただ単に筋肉を鍛えただけではその筋肉の使い方が理解できないため、動きに参加させることは難しいのです。

 

■アサミバレエクラスでは、バレエに特化した高度な体の使い方を、バレエ特有の解剖学・運動学に変換して徹底追究し、バレエの本当に有効な体作りと能力向上を目指します。

03最大10人程度の少人数制で 個々の悩みに寄り添った指導

■改善指導を徹底するため、どのクラスも10人前後で行なっております。

 

バレエに対してのより深い理解と、一人一人に対しての指導を充実させ、より有意義なレッスンになるよう、非常に中身の濃い内容と個人的アドバイスを行っています。

 

身体は一人一人違い、理解の程度も人それぞれで、抱える問題や課題も違ってきます。

 

非常に多くの方々が、正しい知識や、きちんとした指導がないまま、ただ漠然と動き、わからないことも質問できないまま、様々に悩みながらも闇雲にレッスンしているという現実があります。

 

しかし、そのような理解も成果も乏しいレッスンはやるだけ無駄になってしまいます。

 

アサミバレエクラスでは、何が正しく何が違うのか、なぜそうなるのか、どうしたら良いのか、とことん詳しく説明し、バレエの様々な悩みや疑問にもきちんとお答えします。

 

生徒からの疑問や悩みはどんどん発言してもらい、クラスの皆がきちんと理解して上達できるようにしていきます。

 

最終的には『自分の間違いに自分で気付き、やるべきことがわかる能力』を身に付け、自分で考え、発見し、良いレッスンができる力を養うこだわりのクラスです。

■改善指導を徹底するため、どのクラスも10人前後で行なっております。

 

バレエに対してのより深い理解と、一人一人に対しての指導を充実させ、より有意義なレッスンになるよう非常に中身の濃い内容と個人的アドバイスを行っています。

 

身体は一人一人違い、理解の程度も人それぞれで、抱える問題や課題も違ってきます。

 

非常に多くの方々が、正しい知識や、きちんとした指導がないまま、ただ漠然と動き、わからないことも質問できないまま、様々に悩みながらも闇雲にレッスンしているという現実があります。

 

しかし、そのような理解も成果も乏しいレッスンはやるだけ無駄になってしまいます。

 

アサミバレエクラスでは、何が正しく何が違うのか、なぜそうなるのか、どうしたら良いのか、とことん詳しく説明し、バレエの様々な悩みや疑問にもきちんとお答えします。

 

生徒からの疑問や悩みはどんどん発言してもらい、クラスの皆がきちんと理解して上達できるようにしていきます。

 

最終的には『自分の間違いに自分で気付き、やるべきことがわかる能力』を身に付け、自分で考え、発見し、良いレッスンができる力を養うこだわりのクラスです。