指導方針
Policy

  • TOP
  • 指導方針

本気で取り組むための
3つの指導方針

ワガノワメソッド

正統なカリキュラム

ワガノワメソッド

01

もっと有効なレッスン

バレエ上達を早める

もっと有効なレッスン

02

少人数制クラス

個々への徹底指導

少人数制クラス

03

01

正統なカリキュラム
ワガノワメソッド

ワガノワメソッドとは、世界中のバレエ学校で取り入れられている体系的なロシアバレエの教授法です。メソッドを正確に習得するには教授法について専門に学ぶ特別な教育が必要となり、そのきちんとした教育法に則ったレッスンは、バレエの揺るぎない基礎と確実な上達に欠かせない非常に大切なものです。
アサミバレエクラスは、ワガノワメソッド(教授法)の正統なカリキュラムに基づくレッスンを行っている数少ないバレエ教室です。
ワガノワメソッドとは何か、その特徴や本質についても詳しくご紹介いたします。

メソッドに則ったレッスンがなぜ重要なのか?

みなさんはクラシックバレエの独特なレッスンの方法にとても厳格なシステムがあり、それにどんな意味があるのかご存知でしょうか?

 

バレエに必要な体や技能はとても特殊で、究極に発展させた能力が必要になりますが、上手くやり方がつかめなかったり、筋力が追い付かないうちに動きを覚えようとすると、必ず自分にとってやりやすい「自己流」の動きになってしまいます。

それを癖にしてしまうと直すことが非常に困難になってしまい、その無理矢理な踊り方のせいで筋肉の付き方が悪くなったり、身体を歪めたり痛めてしまうこともとても多いのです。

 

そのような生徒を修正するために長年指導してきて、最初から癖がつかないようなレッスンをしていたならどんなに良かったかと心底思います。

 

ワガノワメソッドは、バレエの体の使い方と筋肉をきちんと養うために考え抜かれた、この上ない教育システムであり、高度なテクニックに必要となる体の使い方を最もシンプルな形に分解し、初歩の段階からパーツごとにきちんと習得させてから、それらを組み立てて完成形に仕上げていく、その過程が見事に構成されている非常に優れた指導法です。

 

しかし!その優れたシステムの効力を充分に得るには、その深い意味を知る必要がどうしてもあるのです!

 

アサミバレエクラスは、ただ型通りのレッスンを行うのではありません!

最新の科学からメソッドの深い本質を研究、『いかに効率良く身体を作るレッスンが出来るか』を重視し、メソッドに則ったレッスンの意味と、その目的をしっかり分析した上での有効な指導を徹底して行っています。

 

●メソッドとは何か? ワガノワメソッドの特徴とは?

つづきは「ワガノワメソッドとは」のページで詳しくお話します。

メソッドに則ったレッスンがなぜ重要なのか?

みなさんはクラシックバレエの独特なレッスンの方法にとても厳格なシステムがあり、それにどんな意味があるのかご存知でしょうか?

 

バレエに必要な体や技能はとても特殊で、究極に発展させた能力が必要になりますが、上手くやり方がつかめなかったり、筋力が追い付かないうちに動きを覚えようとすると、必ず自分にとってやりやすい「自己流」の動きになってしまいます。

それを癖にしてしまうと直すことが非常に困難になってしまい、その無理矢理な踊り方のせいで筋肉の付き方が悪くなったり、身体を歪めたり痛めてしまうこともとても多いのです。

 

そのような生徒を修正するために長年指導してきて、最初から癖がつかないようなレッスンをしていたならどんなに良かったかと心底思います。

 

ワガノワメソッドは、バレエの体の使い方と筋肉をきちんと養うために考え抜かれた、この上ない教育システムであり、

高度なテクニックに必要となる体の使い方を最もシンプルな形に分解し、初歩の段階からパーツごとにきちんと習得させてから、それらを組み立てて完成形に仕上げていく、その過程が見事に構成されている非常に優れた指導法です。

 

しかし!その優れたシステムの効力を充分に得るには、その深い意味を知る必要がどうしてもあるのです!

 

アサミバレエクラスは、ただ型通りのレッスンを行うだけではありません!

最新の科学からメソッドの深い本質を研究、

『いかに効率良く身体を作るレッスンが出来るか』を重視し、メソッドに則ったレッスンの意味と、その目的をしっかり分析した上での有効な指導を徹底して行っています。

 

●メソッドとは何か? ワガノワメソッドの特徴とは?

つづきは「ワガノワメソッドとは」のページで詳しくお話します。

02

バレエ上達を早める
もっと有効なレッスン

バレエが本当に上達するには、バレエについての本当に正しい知識と徹底した指導が不可欠です。
バレエで一番大切なことをきちんと学び、良いレッスンをしなければ、上達どころかもっと悪い結果
となってしまいます。しかし、一体何が正しいレッスンなのでしょうか?
アサミバレエクラスでは、バレエの本当に正しい理解が得られ、より上達できる効果的なレッスンを徹底して行っています。

本当に上達するための
バレエ・レッスンとは

【正しい理解の重要性】

バレエの基本動作には、バレエのための身体を作り、確かなテクニックを生み出すための「はっきりとした目的」があります。

しかし本当に正しいレッスンや、なぜそうしなくてはならないのか知らないままに、間違った努力をし続けている方や間違った指導をしている方々も非常に多く存在します。

 

正しいレッスンと、間違ったレッスンではその効果に大きな差があるばかりか、間違ったレッスンではかえってマイナスになり、身体の状態も悪くなってしまうことが明らかになりました。

直すのが非常に困難な癖がついてしまうのは勿論、体を痛めたり、脚が変形してしまうこともあり、上達どころか良くない方向に行ってしまうばかりです。

時間も労力も無駄になり、伸びるべき才能を失ってしまうこともあります。

 

『もっと上達したい!本当に上を目指したい!』 と願われている熱意ある方々へ、アサミバレエクラスでは、バレエの身体をいかに作り上げ、確実に上達していくためにはどうしたら良いのか、最新の研究をもとにきちんと指導いたします。

 

●本場のバレエメソッドと、解剖学に基づく正しい体の使い方、更には他ではほとんど指導されることのない【レッスンの目的や決まり事の意味】をしっかり理解できるよう徹底指導、更なる高みを目指します。

 

~次は①全ては頭の理解から始まりますに続きます~

本当に上達するための バレエ・レッスンとは

【正しい理解の重要性】

 

バレエの基本動作には、バレエのための身体を作り、確かなテクニックを生み出すための「はっきりとした目的」があります。

 

しかし本当に正しいレッスンや、なぜそうしなくてはならないのか知らないままに、間違った努力をし続けている方や間違った指導をしている方々も非常に多く存在します。

 

正しいレッスンと、間違ったレッスンではその効果に大きな差があるばかりか、間違ったレッスンではかえってマイナスになり、身体の状態も悪くなってしまうことが明らかになりました。

 

直すのが非常に困難な癖がついてしまうのは勿論、体を痛めたり、脚が変形してしまうこともあり、上達どころか良くない方向に行ってしまうばかりです。

 

時間も労力も無駄になり、伸びるべき才能を失ってしまうこともあります。

 

『もっと上達したい!本当に上を目指したい!』 と願われている熱意ある方々へ、アサミバレエクラスでは、バレエの身体をいかに作り上げ、確実に上達していくためにはどうしたら良いのかを最新の研究をもとにきちんと指導いたします。

 

●本場のバレエメソッドと、解剖学に基づく正しい体の使い方、更には他ではほとんど指導されることのない『レッスンの目的や決まり事の意味』をしっかり理解できるよう徹底指導、更なる高みを目指します。

 

~次は①全ては頭の理解から始まりますに続きます~

03

個々への徹底指導
少人数制クラス

アサミバレエクラスでは、バレエに対してのより深い理解と、一人一人に対しての個別アドバイスを充実させ、より有意義なレッスンになるよう、少人数制で非常に中身の濃いレッスンを行っています。

個人指導並みの
豊富なアドバイス

身体は一人一人違い、誰もがバレエを踊るに相応しい条件を持っているとは限りません。

理解の程度も人それぞれで、抱える問題や課題も違ってきます。

 

少人数で一人一人に対してしっかりと、その人だけのアドバイスをし、クラスの皆がきちんと理解して上達できるようにしていきます。

更に、生徒からの疑問や悩みはどんどん発言してもらい、その場で答えられるようにしています。

 

非常に多くの方々が、正しい知識や、きちんとした指導がないまま、ただ闇雲にレッスンしているという現実があります。

しかし、きちんとした指導がなければバレエというものは決して理解すらできず、そう簡単に上達するものでもありません。

それほど厳格で、こうでなくてはならないという決まりがあり、全身の至る所を厳密に注意深く使う必要があるため、単に真似するだけでは決して到達できない世界だからです。

 

多くの方々は、バレエに厳格なメソッドがあることも良くわかっていません。

しかし、きちんとしたメソッドは上達するのに何より大切で、なぜ厳格な指導法があるのか理解した方が確実に上達します。

 

『厳格な決まり事を守ってレッスンすることで、上手に体を扱うための訓練が自然と出来ていくよう仕組まれているからです。

 

更に、バレエは普通の状態の体をバレエ向きに矯正していく必要があるため、解剖学的な理解と共に、非常に細やかで慎重な訓練が必要とされるのです。

よくわからないまま闇雲にレッスンしても決して良い結果にはなりません。

 

正しいやり方がわからないまま形だけを真似ていると、骨格や筋肉に悪影響があり、結果踊りにくい体になってしまいます。

 

せっかくの努力が無駄にならないよう、個々の疑問点や課題に対してより的確な指導を行います。

少人数で徹底した
中身の濃いレッスン

どのクラスも最大10人程で行なっております。

教師の目がしっかりと行き届く人数には限りがあります。

個人個人に対してきちんとした指導を徹底し、より早い上達と理解を深めるために、少人数での充実したレッスンにこだわります。

 

毎回一人一人に対してのアドバイスを必ず行い、わからない、きちんとできない、間違ったことをしていても気付かないという、良くないレッスンにならないようにしていきます。

何が違うのか、なぜそうなるのか、どうしたら良いのか、とことん詳しく説明し、バレエの様々な悩みや疑問にもきちんとお答えいたします。

少人数で徹底した<br />
中身の濃いレッスン

個性を伸ばして

個人個人に最も適した方法を模索すれば、高いパフォーマンスが得られます。

人間は、顔が違うように、身体も他人と全く同じというわけではないのです。

 

それぞれの特性と状態を分析して一人一人に理解させ、弱さを補い、強い部分だけに負担をかけないよう指導しています。

 

誰しも得意な部分は使いやすいですが、その分負荷が増して故障しやすくなってしまいます。

例えば「甲の高い美しい爪先」はバレエ向きの大事な資質でもありますが、その足の力ばかりに頼ってしまい、結果として痛めてしまうことも多く、充分に注意した指導が必要になります。

実は「バレエ向き」といわれる身体には、そのしなやかさゆえに強靭さが不足していることが多く、全ての部位を正しく鍛え、コントロールしなくてはいけない側面があります。

ターンアウト(アン・ドゥオール)についても同様に、それぞれの骨格や筋肉の状態について充分に理解した指導がなくては様々な危険が伴います。

それぞれの特性を見極め、個々にじっくりと寄り添った指導とレッスンで個性を適切に伸ばしていきます。

個性を伸ばして

個人指導並みの 豊富なアドバイス

身体は一人一人違い、誰もがバレエを踊るに相応しい条件を持っているとは限りません。

理解の程度も人それぞれで、抱える問題や課題も違ってきます。

 

少人数で一人一人に対してしっかりと、その人だけのアドバイスをし、クラスの皆がきちんと理解して上達できるようにしていきます。

更に、生徒からの疑問や悩みはどんどん発言してもらい、その場で答えられるようにしています。

 

非常に多くの方々が、正しい知識や、きちんとした指導がないまま、ただ闇雲にレッスンしているという現実があります。

しかし、きちんとした指導がなければバレエというものは決して理解すらできず、そう簡単に上達するものでもありません。

 

それほど厳格で、こうでなくてはならないという決まりがあり、全身の至る所を厳密に注意深く使う必要があるため、単に真似するだけでは決して到達できない世界だからです。

 

多くの方々は、バレエに厳格なメソッドがあることも良くわかっていません。

しかし、きちんとしたメソッドは上達するのに何より大切で、なぜ厳格な指導法があるのか理解した方が確実に上達します。

 

『厳格な決まり事を守ってレッスンすることで、上手に体を扱うための訓練が自然と出来ていくよう仕組まれているからです。』

 

更に、バレエは普通の状態の体をバレエ向きに矯正していく必要があるため、解剖学的な理解と共に、非常に細やかで慎重な訓練が必要とされるのです。

よくわからないまま闇雲にレッスンしても決して良い結果にはなりません。

 

正しいやり方がわからないまま形だけを真似ていると、骨格や筋肉に悪影響があり、結果踊りにくい体になってしまいます。

 

せっかくの努力が無駄にならないよう、個々の疑問点や課題に対してより的確な指導を行います。

少人数で徹底した 中身の濃いレッスン

どのクラスも最大10人程で行なっております。

教師の目がしっかりと行き届く人数には限りがあります。

個人個人に対してきちんとした指導を徹底し、より早い上達と理解を深めるために、少人数での充実したレッスンにこだわります。

 

毎回一人一人に対してのアドバイスを必ず行い、わからない、きちんとできない、間違ったことをしていても気付かないという、良くないレッスンにならないようにしていきます。

 

何が違うのか、なぜそうなるのか、どうしたら良いのか、とことん詳しく説明し、バレエの様々な悩みや疑問にもきちんとお答えいたします。

少人数で徹底した
中身の濃いレッスン

個性を伸ばして

個人個人に最も適した方法を模索すれば、高いパフォーマンスが得られます。

人間は、顔が違うように、身体も他人と全く同じというわけではないのです。

 

それぞれの特性と状態を分析して一人一人に理解させ、弱さを補い、強い部分だけに負担をかけないよう指導しています。

 

誰しも得意な部分は使いやすいですが、その分負荷が増して故障しやすくなってしまいます。

 

例えば「甲の高い美しい爪先」はバレエ向きの大事な資質でもありますが、その足の力ばかりに頼ってしまい、結果として痛めてしまうことも多く、充分に注意した指導が必要になります。

 

実は「バレエ向き」といわれる身体には、そのしなやかさゆえに強靭さが不足していることが多く、全ての部位を正しく鍛え、コントロールしなくてはいけない側面があります。

 

ターンアウト(アン・ドゥオール)についても同様に、それぞれの骨格や筋肉の状態について充分に理解した指導がなくては様々な危険が伴います。

 

それぞれの特性を見極め、個々にじっくりと寄り添った指導とレッスンで個性を適切に伸ばしていきます。

個性を伸ばして