2022.07.12

ワガノワメソッドの本質とは?~日本の教室でワガノワの真価を発揮するために

岸本 亜沙美

岸本 亜沙美
ワガノワメソッドの本質とは?~日本の教室でワガノワの真価を発揮するために

目次

日本にも「ワガノワメソッド」を謳うバレエ教室が多く見られるようになりました。

 

しかし、メソッド(教授法)通りのレッスンを実行するのがとても難しい日本の環境で、ワガノワメソッドを名乗る問題や、何をもってワガノワなのか本質を掴めなければ、ただ形ばかりの真似事に過ぎず、「偽物」と言われても仕方ありません。

 

そんな中、本物を名乗るからには、本家本元からも認められるような、メソッドの真価を発揮し、習う方達に本物の上達をいかにもたらすかは、とても大きな課題です。

 

私はずっと以前からその課題に取り組み、ワガノワメソッドの本質を研究し続け、成果を上げてきました。

 

 

■ロシアバレエメソッド「ワガノワ・メソッド」は、とても厳格なバレエ教育システムですが、日本のバレエ教室の現場で取り入れるには、「どの学年で何を行うか」などという内容的なことより、「それをどういう目的で行うか」という理論の方がより大事だと思います。

 

 

結論からいえば、ワガノワメソッドは、身体の構造的な繋がりや筋肉の力をより効果的に伝える手段を研究した上で生まれた、運動学的に最も進化したバレエです。

 

 

指導者や生徒がその意味を理解することなく、上辺の真似事をしていては、育つダンサーも育ちません。

 

 

私は、長年ワガノワ教授法を学びながら、この凄いメソッドの教育カリキュラムは、その厳密さがあって初めて活かされるものなので、

普通のバレエ教室…幼児から大人まで、能力も目的も理解も様々な人達が習う環境で取り組むにはかなり難しく、やったとしても形だけの真似事になってしまうだろう、ワガノワメソッドをやっているとは決して言えないだろうと考えてきました。

 

メソッドについて知らないよりは良いけれど、知っているだけでは『本質』は伝わらない、この日本では誤解すらされてしまうだろうと考えてきたのです。

 

 

海外の国立バレエ学校のような環境では、出来ない生徒は容赦なく進級試験で落とし退学させてしまいます。

 

とにかくやらせる、有無を言わさずやる、やっていれば出来る、出来なければ落とすという中でダンサーを生み出してきたといえます。

 

つまり、なぜそんなレッスンをしなくてはいけないか理屈など知らなくても、出来る人だけが生き残る世界なのです。

 

 

メソッドを学んで確かに言えることは、それが本当に素晴らしいシステムだということ、本当に正しく実践できれば間違いなく上達するだろうと確信できるものだという事実です。

 

しかし、どうしてそう言えるのかわからない人達には「ロシア人だからできる」とか、「日本人がやっても意味ない」などと言われ、「いや、そういうことではない、本質はそこではない」と叫びたい思いで一杯でした。

 

 

ワガノワメソッドの真価は「正しいターンアウト」の上に成り立っているといっても過言ではありません。

 

 

ターンアウト(アン・ドゥオール)が正しくきちんとできた上での身体の繋がり、筋肉(筋膜)の位置関係から生まれる連鎖、

その連鎖から生まれる全身の「力学」が一番大切な要素であることを理解した私は、ターンアウトにこだわる理由と『ワガノワの本質』をそこに見出したのです。

 

 

ワガノワはとにかく脚を開かせ、無理矢理にターンアウトをさせられて危険だと言われているという話を聞きます。

 

しかしこれもあまりに悲しい誤解で、本質を理解していないと思います。

 

確かにターンアウトは要求されます。

 

しかし、どのように足を開いているのかを見て適切に指導するのは教師であり、メソッドそのものが悪いのではありません。

 

 

ターンアウトを無理矢理やるのはもちろん危険ですし、意味がありません。

 

見せかけの形だけのポジションであるならばやらない方がはるかにましです。

 

使われる筋肉、養われる強さも全く違ってしまうので、体を痛めることはあってもきちんと上達することは出来なくなってしまいます。

 

ならば、ターンアウトは必要でないかといえば、やはりそれではバレエとは絶対にいえません。

 

そのことを良くわかった上での「正しいターンアウト」が必要なのであって、無理矢理を望んでいるわけではありませんが、バレエで一番大事な基礎がターンアウトだという理解や、努力しようとする姿勢すら見えないこともある中で、本場の教師にとっては本当にもどかしい限りでしょう。

 

そして、ターンアウトが難しかったらどうしたら良いかという質問の答えも、こちらが望んでいる答えが得られにくいことも良く知っています。

 

(ターンアウトができない人のバレエなんてない、とあっけなく言われる・・・)

 

 

そういうことに間近に接してきた私は、ワガノワメソッドを形だけ真似し、ただ形通りに指導するだけでは状況の難しい日本では絶対に正しく理解されないと感じて来ました。

 

 

私の恩師の一人は何十年も前にバレエに解剖学的指導を取り入れた先駆けとも言える日本人の先生ですが、海外でワガノワメソッドのバレエを学び、ワガノワメソッドのやり方で指導していました。

 

正しいターンアウトへのこだわり、解剖学的な正しさは本当に徹底していて、その先生の教えがなければ、私もワガノワメソッドの本質を理解したり、真の素晴らしさがわからなかったかもしれません。

 

「構造的に正しく、動きの中で“使えている”ターンアウト」が何より大事な要素であり、無理矢理開いても見せかけの形ばかりのターンアウトや、踊りに使えないのであれば意味がないので、そんなことを強要してはいないですし、それがワガノワと思われるのは本当に違います。

ただ、開いていることが前提でエリート街道を歩んできたダンサーや教師の方々には、私達の大変さがなかなか理解されないことも事実です。

 

 

しかし、ワガノワメソッドが目指すものを考えると、「開かない」「開けない」で済ますのではなく、『ターンアウトの意義』を理解して、自分なりのターンアウトを最大限に活かすことを考え、努力すべきこと、それがワガノワメソッドの本質を理解するのに一番大事なポイントだろうと思います。

そこに、「なぜそうなのか?」の理屈を加えないと学んでいる者は絶対納得出来ない、ロシア人だから出来るとか、日本人だから出来ないとか、ある意味言い訳のような状況になってしまうことも多々あります。

 

 

本場のバレエ学校は確かに選ばれた優秀な生徒達だけが学び、日本の状況とは全く違います。

 

そのことを引き合いにし、メソッドは意味がないなどと言う方もいます。

 

しかし、私は逆に海外と状況が違うからこそ、メソッドに意味があると思います。

海外では、放っておいても上手くなりそうな美しい才能ある選ばれた人材が更に優れたメソッドで磨かれるのです。

 

それに引き換え、『選ばれし者でもない』『きちんとしたメソッドもない』では上手くなりようがないではありませんか!

 

もちろん、ワガノワレベルのターンアウトを全ての人が行うのはとても無理でしょう。

しかし、それでワガノワメソッドの本質や目指すものが全ての人に理解できない、活かされない訳では決してありません。

 

それが一番皆さんに伝えたいことですし、本当に誰にとっても価値があると確信できるものです。

 

 

完璧なターンアウトができれば、それはもちろん素晴らしいのですが、そこまででなくてもターンアウトを活かすことは意識で出来ますし、

 

その「意識」を作るのがメソッドの本当の目指すところなのです。

そして、そのターンアウトからの繋がりと力を「ワガノワのルール」、人体の持つ力と効率の良い力学に則って学んでいくこと、果ては背中や腕の使い方の大きさ、豊かさに繋がっていく…それが本質だと思うからです。

 

 

■バレエの上達の第一歩は、人間の身体の構造をよく知ること、骨格と筋肉、そして全身を覆い、筋肉の力を伝えて「動き」を生み出す器官、

筋膜(ファシア)の存在をきちんと知って理解することです。

 

 

メソッドを正しく実践して作られた身体が、この上ないパフォーマンスを生み出すことになります。

 

その理論を学んで活かすことがどれだけ価値があり、簡単に「向く向かない」で済ませてしまったらどれだけ勿体ないか知ってほしいのです。

 

逆を言えば、『向かない人』ほどその理論を理解して、レッスンや踊りに活かさなければ「本当に向かないね」で終わってしまうと思います。

ワガノワメソッドは形だけの真似に終わっては心底勿体なく、すべての人にその真理、本質を知ってもらいたい…!

 

良き教師との出逢いに恵まれ、授かった貴重な教えを皆さんに力の限り伝えていきたい!という切なる想いを込め、

 

アサミバレエクラスでは、ワガノワメソッドの本質をとことん研究した上で、みなさんのバレエの上達に本当に活かせるよう、懸命に指導させていただいております。

日本にも「ワガノワメソッド」を謳うバレエ教室が多く見られるようになりました。

 

しかし、メソッド(教授法)通りのレッスンを実行するのがとても難しい日本の環境で、ワガノワメソッドを名乗る問題や、何をもってワガノワなのか本質を掴めなければ、ただ形ばかりの真似事に過ぎず、「偽物」と言われても仕方ありません。

 

そんな中、本物を名乗るからには、本家本元からも認められるような、メソッドの真価を発揮し、習う方達に本物の上達をいかにもたらすかは、とても大きな課題です。

 

私はずっと以前からその課題に取り組み、ワガノワメソッドの本質を研究し続け、成果を上げてきました。

 

 

ロシアバレエメソッド「ワガノワ・メソッド」は、とても厳格なバレエ教育システムですが、日本のバレエ教室の現場で取り入れるには、

「どの学年で何を行うか」などという内容的なことより、「それをどういう目的で行うか」という理論の方がより大事だと思います。

 

 

■結論からいえば、ワガノワメソッドは、身体の構造的な繋がりや筋肉の力をより効果的に伝える手段を研究した上で生まれた、運動学的に最も進化したバレエです。

 

指導者や生徒がその意味を理解することなく、上辺の真似事をしていては、育つダンサーも育ちません。

 

 

私は長年ワガノワ教授法を学びながら、この凄いメソッドの教育カリキュラムは、その厳密さがあって初めて活かされるものなので、

普通のバレエ教室…幼児から大人まで、能力も目的も理解も様々な人達が学ぶ環境で取り組むにはかなり難しく、やったとしても形だけの真似事になってしまうだろう、ワガノワメソッドをやっているとは決して言えないだろうと考えてきました。

メソッドについて知らないよりは良いけれど、知っているだけでは『本質』は伝わらない、この日本では誤解すらされてしまうだろうと考えてきたのです。

 

海外の国立バレエ学校のような環境では、出来ない生徒は容赦なく進級試験で落とし退学させてしまいます。

 

とにかくやらせる、有無を言わさずやる、やっていれば出来る、出来なければ落とすという中でダンサーを生み出してきたといえます。

つまり、なぜそんなレッスンをしなくてはいけないか理屈など知らなくても出来る人だけが生き残る世界なのです。

 

メソッドを学んで確かに言えることは、それが本当に素晴らしいシステムだということ、本当に正しく実践できれば間違いなく上達するだろうと確信できるものだという事実です。

しかし、どうしてそう言えるのかわからない人達には「ロシア人だからできる」とか、「日本人がやっても意味ない」などと言われ、「いや、そういうことではない、本質はそこではない」と叫びたい思いで一杯でした。

 

ワガノワメソッドの真価は「正しいターンアウト」の上に成り立っているといっても過言ではありません。

 

ターンアウト(アン・ドゥオール)が正しくきちんとできた上での身体の繋がり、筋肉(筋膜)の位置関係から生まれる連鎖、

その連鎖から生まれる全身の「力学」が一番大切な要素であることを理解した私は、ターンアウトにこだわる理由と『ワガノワの本質』をそこに見出したのです。

 

ワガノワはとにかく脚を開かせ、無理矢理にターンアウトをさせられて危険だと言われているという話を聞きます。

 

しかしこれもあまりに悲しい誤解で、本質を理解していないと思います。

 

 

確かにターンアウトは要求されます。

 

しかし、どのように足を開いているのかを見て適切に指導するのは教師であり、メソッドが悪いのではありません。

 

ターンアウトを無理矢理やるのはもちろん危険ですし、意味がありません。

 

見せかけの形だけのポジションであるならばやらない方がはるかにましです。

使われる筋肉、養われる強さも全く違ってしまうので、体を痛めることはあってもきちんと上達することは出来なくなってしまいます。

 

ならば、ターンアウトは必要でないかといえば、やはりそれではバレエとは絶対にいえません。

 

そのことを良くわかった上での「正しいターンアウト」が必要なのであって、無理矢理を望んでいるわけではありませんが、バレエで一番大事な基礎がターンアウトだという理解や、努力しようとする姿勢すら見えないこともある中で、本場の教師にとっては、本当にもどかしい限りでしょう。

 

そして、ターンアウトが難しかったらどうしたら良いか、という質問の答えも、こちらが望んでいる答えが得られにくいことも良く知っています。

 

(ターンアウトができない人のバレエなんてない、とあっけなく言われる・・・)

 

そういうことに間近に接してきた私は、ワガノワメソッドを形だけ真似し、ただ形通りに指導するだけでは、状況の難しい日本では絶対に正しく理解されないと感じて来ました。

 

 

私の恩師の一人は何十年も前にバレエに解剖学的指導を取り入れた先駆けとも言える日本人の先生ですが、海外でワガノワメソッドのバレエを学び、ワガノワメソッドのやり方で指導していました。

 

正しいターンアウトへのこだわり、解剖学的な正しさは本当に徹底していて、その先生の教えがなければ、私もワガノワメソッドの本質を理解したり、真の素晴らしさがわからなかったかもしれません。

 

「構造的に正しく、動きの中で“使えている”ターンアウト」が何より大事な要素であり、無理矢理開いても見せかけの形ばかりのターンアウトや、踊りに使えないのであれば意味がないので、そんなことを強要してはいないですし、それがワガノワと思われるのは本当に違います。

ただ、開いていることが前提でエリート街道を歩んできたダンサーや教師の方々には、私達の大変さがなかなか理解できないことも事実です。

 

 

しかし、ワガノワメソッドが目指すものを考えると、「開かない」「開けない」で済ますのではなく、『ターンアウトの意義』を理解して、自分なりのターンアウトを最大限に活かすことを考え、努力すべきこと、それがワガノワの本質を理解するのに一番大事なポイントだろうと思います。

そこに「なぜそうなのか?」の理屈を加えないと学んでいる者は絶対納得出来ない、ロシア人だから出来るとか、日本人だから出来ないとか、ある意味言い訳のような状況になってしまうことも多々あります。

 

 

本場のバレエ学校は確かに選ばれた優秀な生徒達だけが学び、日本の状況とは全く違います。

 

そのことを引き合いにし、メソッドは意味がないなどと言う方もいます。

 

しかし、私は逆に海外と状況が違うからこそ、メソッドに意味があると思います。

 

海外では、放っておいても上手くなりそうな美しい才能ある選ばれた人材が更に優れたメソッドで磨かれるのです。

 

それに引き換え『選ばれし者でもない』『きちんとしたメソッドもない』では上手くなりようがないではありませんか!

 

もちろん、ワガノワレベルのターンアウトを全ての人が行うのはとても無理でしょう。

しかし、それでワガノワメソッドの本質や目指すものが全ての人に理解できない、活かされない訳では決してありません。

 

それが皆さんに一番伝えたいことですし、本当に誰にとっても価値があると確信できるものです。

 

 

完璧なターンアウトができればそれはもちろん素晴らしいのですが、そこまででなくてもターンアウトを「活かすこと」は意識で出来ますし、

 

その「意識」を作るのがメソッドの目指すところなのです。

 

そして、そのターンアウトからの繋がりと力を「ワガノワのルール」、人体の持つ力と効率の良い力学に則って学んでいくこと、果ては背中や腕の使い方の大きさ、豊かさに繋がっていく…それが本質だと思うからです。

 

 

バレエの上達の第一歩は、人間の身体の構造をよく知ること、骨格と筋肉、そして全身を覆い、筋肉の力を伝えて「動き」を生み出す器官、筋膜(ファシア)の存在をきちんと知って理解することです。

 

 

メソッドを正しく実践して作られた身体が、この上ないパフォーマンスを生み出すことになります。

 

その理論を学んで活かすことがどれだけ価値があり、簡単に「向く向かない」で済ませてしまったらどれだけ勿体ないか知ってほしいのです。

 

逆を言えば、『向かない人ほど』その理論を理解して、レッスンや踊りに活かさなければ「本当に向かないね」で終わってしまうと思います。

ワガノワメソッドは形だけの真似に終わっては心底勿体なく、すべての人にその真理、本質を知ってもらいたい…!

 

 

良き教師との出逢いに恵まれ、授かった貴重な教えを皆さんに力の限り伝えていきたい!という切なる想いを込め、

 

アサミバレエクラスでは、ワガノワメソッドの本質をとことん研究した上で、みなさんのバレエの上達に本当に活かせるよう、懸命に指導させていただいております。