バレエを極めるには
Truth Of Ballet

  • TOP
  • バレエを極めるには
  • 踊れているのに基礎がない⁈

バレエを極めるには

踊れているのに基礎がない⁈

●基礎がないなら、そもそも踊れないはず…

 

いいえ、本当ならそうなのですが、基礎がないから踊れてしまうともいえるのが、バレエの厄介なところです。

だからたくさんの人がプロしか踊れないヴァリエーションを踊り、多くの人がコンクールに参加します。


いろいろな技術ができて、ヴァリエーションも踊れて、でも基礎ができていないと言われたら…


それこそ、完全に間違った体の使い方を覚えてしまった!ということです。

 

しかし、ある程度踊れてしまっている場合、どこが間違った体の使い方で、何がそんなに悪いのか?と思うかもしれません。

前の記事、バレエのレッスンで一番大切なことは何かにも書きましたが、それでも「基礎ができていない」ということの本当の意味が理解できている人はとても少ないです。

 

「基礎とは何か」が本当にわかっていたら、その大事な基礎がなくては踊れるはずがないことや、それで踊れてしまっていることの恐ろしさが心底わかるはずです。

 

バレエはターンアウトという特殊な体の使い方が必要なため、きちんとしたターンアウトを習得するのが一番大変で難しいのですが、逆にそれがきちんと出来ていない方が普通の体の使い方で運動センスがあれば動けてしまうのが厄介な理由です。

 

間違った体の使い方、といわれても、実際に動けていて、ヴァリエーションも踊れて、コンクールにも出場して、結果も悪くない、でも更に基礎をきちんとやればもっとレベルアップ出来るのね!と考えるかもしれませんが、実は問題はそんなに簡単ではないのです。

 

そこから基礎をきちんとやって、というのは、単に基礎をやれば良いということではありません。
もし‟本物”を目指すならば、今までの踊り方を全て忘れて一からやり直さなくてはいけないということなので、大変な事態なのです。

 

みな「基礎をきちんとやりたい」といって教室を訪れます。

今持っている力を強化するという意味に思っているようですが、本当は今の力を一旦捨てなければならないかもしれないのです。

 

特に子供の場合は親御さんの判断でいろいろな事が進んでいくのですが、そこまで大変な事態であることがわからず、相変わらずコンクールに熱を入れ、今の踊りを続けながらと考える方もとても多くみられます。しかし、バレエの本当の高みはそんなに甘いものではありません。

 

ターンアウトがきちんと出来ていないで仕上げた踊りは、全然違う体の使い方になってしまっているので、動作の記憶も作って来た体も全て忘れ、一から作り直さないと本当の高みは目指せないのです。

 

なぜ、それが言い切れるのか?

 

ターンアウトによって生み出される筋肉のラインは全身へと波及し、必要な筋力、力の伝え方、体の感覚、形の作り方などすべてが違う世界で、一旦なかったことにした方が良いほど何もかも作り直しになります。

しかし、その方がはるかに良い身体と技術が手に入ることは間違いありません。

 

ターンアウトが出来ていないことのデメリットは5番が入らないとか見た目が悪いなどの問題ではなく、筋肉の働きが全然違ってくるので、それによって体の操り方も違ってくること、筋肉が作る体のラインも違うので仕上がる体型にもかなりの差が出てきます。

 

どんなに踊れているようでも、基礎がないといわれるのには訳があり、その踊り方は本当のバレエの体の使い方には程遠いです。体の中の感覚、風景でいうならば見えている「景色」が全然違うのです。

 

本当の感覚、景色を知り、更なる高みを見たくはないでしょうか?

決して出来ないことはありません。しかし、それ相当の理解と覚悟は必要です。

 

そこまでして極みを目指すかはそれぞれだと思いますが、バレエに身を捧げ真剣に学んできて、「本物のバレエを知らないまま」だとしたら、本当に残念で勿体ないというしかありません。

 

本当のバレエは心底素晴らしく、その「景色」は見た者にしかわかりません!

 

その素晴らしさを味わうには、「バレエの本当の基礎とは何か?」をきちんと理解して、新たな一歩を踏み出すしかありません。

基礎ができていない建物は、どんなに見栄えが良くても手抜き工事であり、崩壊の危機が潜んでいるのは明らかなのです。

●基礎がないなら、そもそも踊れないはず…

 

いいえ、本当ならそうですが、基礎がないから踊れてしまうともいえるのが、バレエの厄介なところです。

だからたくさんの人がプロしか踊れないヴァリエーションを踊り、多くの人がコンクールに参加します。

 

いろいろな技術ができて、ヴァリエーションも踊れて、でも基礎ができていないと言われたら…

それこそ、完全に間違った体の使い方を覚えてしまった!ということです。

 

しかし、ある程度踊れてしまっている場合、どこが間違った体の使い方で、何がそんなに悪いのか?と思うかもしれません。

前の記事、バレエのレッスンで一番大切なことは何かにも書きましたが、それでも「基礎ができていない」ということの本当の意味が理解できている人はとても少ないです。

 

「基礎とは何か」が本当にわかっていたら、その大事な基礎がなくては踊れるはずがないことや、それで踊れてしまっていることの恐ろしさが心底わかるはずです。

 

バレエはターンアウトという特殊な体の使い方が必要なため、きちんとしたターンアウトを習得するのが一番大変で難しいのですが、逆にそれがきちんと出来ていない方が普通の体の使い方で運動センスがあれば動けてしまうのが厄介な理由です。

 

「間違った体の使い方」といわれても、実際に動けていて、ヴァリエーションも踊れて、コンクールにも出場して、結果も悪くない、でも更に基礎をきちんとやればもっとレベルアップ出来るのね!と考えるかもしれませんが、実は問題はそんなに簡単ではないのです。

 

そこから基礎をきちんとやって、というのは、単に基礎をやれば良いということではありません。
もし‟本物”を目指すならば、今までの踊り方を全て忘れて一からやり直さなくてはいけないということなので、大変な事態なのです。

 

みな「基礎をきちんとやりたい」といって教室を訪れます。

今持っている力を強化するという意味に思っているようですが、本当は今の力を一旦捨てなければならないかもしれないのです。

 

特に子供の場合は親御さんの考えでいろいろな事が進んでいくのですが、そこまで大変な事態であることがわからず、相変わらずコンクールなど熱を入れ、今の踊りを続けながらと考える方もとても多くみられます。

 

しかし、バレエの本当の高みはそんなに甘いものではありません。

 

ターンアウトがきちんと出来ていないで仕上げた踊りは、全然違う体の使い方になってしまっているので、動作の記憶も作って来た体も全て忘れ、一から作り直さないと本当の高みは目指せないのです。

 

なぜ、それが言い切れるのか?

 

ターンアウトによって生み出される筋肉のラインは全身へと波及し、必要な筋力、力の伝え方、体の感覚、形の作り方などすべてが違う世界で、一旦なかったことにした方が良いほど何もかも作り直しになります。

しかし、その方がはるかに良い身体と技術が手に入ることは間違いありません。

 

ターンアウトが出来ていないことのデメリットは5番が入らないとか見た目が悪いなどの問題ではなく、筋肉の働き方が全然違ってくるので、それによって体の操り方も違ってくること、筋肉が作る体のラインも違うので仕上がる体型にもかなりの差が出てきます。

 

どんなに踊れているようでも、基礎がないといわれるのには訳があり、その踊り方は本当のバレエの体の使い方には程遠いです。体の中の感覚、風景でいうならば見えている「景色」が全然違うのです。

本当の感覚、景色を知り、更なる高みを見たくはないでしょうか?

出来ないことは決してありません。しかし、それ相当の理解と覚悟は必要です。

 

そこまでして極みを目指すかはそれぞれだと思いますが、バレエに身を捧げ真剣に学んできて、「本物のバレエを知らないまま」だとしたら、本当に残念で勿体ないというしかありません。

 

本当のバレエは心底素晴らしく、その「景色」は見た者にしかわかりません!

 

その素晴らしさを味わうには、バレエの本当の基礎とは何か?をきちんと理解して、新たな一歩を踏み出すしかありません。

 

基礎ができていない建物は、どんなに見栄えが良くても手抜き工事であり、崩壊の危機が潜んでいるのは明らかなのです。