本物のバレエの道

  • TOP
  • 本物のバレエの道

2016.03.29バレエのレッスンで一番大切なことは何か、 バレエを極めるにはどうしたら良いか

【その1】 〈その2=ターンアウトの先にある本物~バレエの本当の難しさ~

 

●高水準のバレエ、プロを目指すレッスンこそ基礎が大事です。
小手先の技術や、見せかけの踊りではなく、本物のしっかりとした基礎、本当の舞踊性を養うために、バレエとは何か、レッスンはどうあるべきかをしっかり考えなくてはなりません。

 

●基本動作には身体を作り確かなテクニックを生み出すためのはっきりとした目的があります。しかし、とても残念なことに殆どの方々がバレエのレッスンについて正しく知っていません。
そして、間違ったレッスンをしていることがとても多いのです。

 

何が正しいのか、どういうレッスンが最も重要かわからず、早くから難しいことをしたり、ヴァリエーションの練習ばかりに没頭するのが高いレベルの教室のように思われてさえいます。
基礎レッスンを殆ど行わずにコンクールや発表会の練習ばかりという教室も珍しくありません。

 

●基礎がないということは体が出来ていないという事で、体が出来ていないのに無理矢理踊ろうとすること自体が間違いであり、踊れているように見えて実は全く違った筋肉の使い方をしていたり、やり方が全て間違っていることが殆どです。
違うやり方だからこそ出来てしまえるのであり、本当はとても恐ろしいことなのです。
基礎をおろそかにして踊りの練習をすれば、どんどん本物のバレエとは遠ざかってしまいます。

 

大事なことは全て基礎練習の中にありますが、何のためにこの動きを練習するのか、何につながっていくのか、何に気を付ければ良いのか、きちんと理解できていないのです。バー・レッスンは単なるウォーミングアップなどではありません。

 

●正しいやり方と、間違ったやり方ではその効果に大きな差があるばかりか、間違ったレッスンではかえってマイナスになってしまいます。
時間も労力も無駄になり、伸びるべき才能を失ってしまうこともあります。

 

●『きちんとした指導を受けてさえいたら…』という若い子達を見て胸が痛くなります。

 

小学生が本来は上級クラスでしか学ばないテクニックのヴァリエーションを踊ること自体、本当はあり得ないことです。
その年齢では徹底して基礎をマスターすべき、生涯で最も大切な時期なのですが、そこでやり損ね失われた一番大切なものをその先どうやって取り戻すのでしょうか。

 

目先のテクニックや結果よりももっと大事なことが山ほどありますが、指導者を含め、それに理解のない方々がたくさんいることは悲しい事実です。

 

日常とは全く違う特殊な身体の使い方が必要なバレエは、基礎レッスンでその身体が作られるよう徹底して訓練し、年齢による成長とバレエの身体が出来上がっていくと共に、徐々に実際の踊りで使われる技を細かく分析された指導法に沿って学んでいきます。

 

●その重要な過程を踏まず、基礎がないうちから発表会など踊りの練習ばかりになってしまうため、踊れているようで実は全く基礎ができていない子供達で溢れてしまっています。

 

バレエの驚異的なパフォーマンスは、しっかりと練り上げられた教授法に則ったレッスンの賜物であり、メソッドに組み込まれた徹底した基礎訓練から生み出されるものなのです。

 

正しいレッスン、正しい体の使い方は、テクニックだけでなく上辺ではない本当の芸術性、舞踊性も養っていきます。それこそが踊りの確固たる土台となり、真の輝きとなるのです。

 

【ターンアウトの先にある”本物”~バレエの本当の難しさ~に続く】