もっと有効なレッスン
Truth Of Ballet

  • TOP
  • もっと有効なレッスン
  • ①全ては頭の理解から始まります

もっと有効なレッスン

①全ては頭の理解から始まります

レッスンの全てに重要な意味があります。

なぜこの動きをやるのでしょう? なぜ、必要なのでしょうか?

 

プリエやバットマン・タンデュ、ロン・ド・ジャンブなど、レッスンで必ず行われるエクササイズは、身体のどこをどのように鍛え、踊りの何に役立っているのか、明確に答えられるでしょうか?

 

●レッスンの動きには、バレエの身体を作り上げ、確かなテクニックを生み出すためのはっきりとした目的があり、『正しく行われないと全く無意味なもの』になってしまいます。

筋肉にも、それを動かす脳の働きにも正しい鍛え方があり、レッスンの全てがバレエのためだけの重要な筋トレとストレッチで構成されているため、『厳格に守られなければいけない科学的な理由』があります。

 

骨格の立て方、姿勢や動きをもたらす筋肉の働き、力の方向性や入れ具合など、きちんと理解して行わないことには身体を作るトレーニングとしての役割を果たすことは絶対に出来ないのです。

 

全てに無駄な瞬間はなく、その厳密さの意味をまずは理解しなければなりません。

そこを曖昧にしたまま、いくらレッスンしても貴重な時間を無駄にしてしまうかもしれません・・・。


そして、正しくないレッスンは体に無理と矛盾が生じ、上達どころかもっと悪くなることさえあるのです。

 

無意味なレッスンから、きちんとした身体やテクニックが生まれるはずもありません。

 

『基礎レッスンの本当の意味と正しいやり方』を知れば、それがどれだけ効果的にバレエの身体を作ってくれるか、どんな補助トレーニングもかなわない、何より絶大な効果が潜んでいることがわかります。

それに気づかなければ、これほど価値あるトレーニングの塊であるレッスンを、どれほど粗末に扱い、無駄にしてしまうかしれないのです。

 

バレエは日常の筋肉の使い方とはまったく異なるので、バレエ特有の筋肉の使い方を正しく学んでレッスンしないと良くない筋肉の付き方になってしまい、きちんと踊ることも難しくなります。

 

●バレエの動きは、すべて厳格な決まり事で構成され、曖昧さを一切許しません。

体の使い方はとても厳密で科学的です。 その厳格な決まりと、厳密な体の使い方を学び、徹底的に覚えこませる事がレッスンの目的です。

 

どうやって覚えこませるか・・・ 実はそれが一番大切なことなのです。

身体は脳からの指令で動き、また、どう動かしたかによって鍛えられる筋肉も違ってきます。

そしてその筋肉は、脳や神経からの伝達がきちんと行われないと思うように働いてくれません。

 

●筋肉に意思はありません。脳が何をやるか理解して、こうしようと意識し、命令しない限り、正しく動くはずはないのです。

ですから、どう考えて、どう動かすかはとても重要なことなのです。

 

バレエの上達に欠かせない本当に大切な『鍵』がそこにあります。

バレエが本当に上達するためには、正しいレッスンのやり方を真に理解できる指導を受け、きちんとした『メソッド』を知る事こそが、一番の近道だからなのです。

 

現実に、何年もやっているのに何も教わっていない、何一つきちんとした指導を受けていない、すべて間違っているという例が後を絶ちません。 一見出来ているかのように見える上級者であっても例外ではありません。

バレエについて正しく知ることの大切さは、いくら力説しても足りないくらいなのです

 

~次は②量より質の重視に続きます~

レッスンの全てに重要な意味があります。

なぜこの動きをやるのでしょう? なぜ、必要なのでしょうか?

 

プリエやバットマン・タンデュ、ロン・ド・ジャンブなど、レッスンで必ず行われるエクササイズは、身体のどこをどのように鍛え、踊りの何に役立っているのか、明確に答えられるでしょうか?

 

●レッスンの動きには、バレエの身体を作り上げ、確かなテクニックを生み出すためのはっきりとした目的があり、『正しく行われないと全く無意味なもの』になってしまいます。

筋肉にも、それを動かす脳の働きにも正しい鍛え方があり、レッスンの全てがバレエのためだけの重要な筋トレとストレッチで構成されているため、『厳格に守られなければいけない科学的な理由』があります。

 

骨格の立て方、姿勢や動きをもたらす筋肉の働き、力の方向性や入れ具合など、きちんと理解して行わないことには身体を作るトレーニングとしての役割を果たすことは絶対に出来ないのです。

 

全てに無駄な瞬間はなく、その厳密さの意味をまずは理解しなければなりません。

そこを曖昧にしたまま、いくらレッスンしても貴重な時間を無駄にしてしまうかもしれません・・・。

そして、正しくないレッスンは体に無理と矛盾が生じ、上達どころかもっと悪くなることさえあるのです。

 

無意味なレッスンから、きちんとした身体やテクニックが生まれるはずもありません。

 

『基礎レッスンの本当の意味と正しいやり方』を知れば、それがどれだけ効果的にバレエの身体を作ってくれるか、どんな補助トレーニングもかなわない、何より絶大な効果が潜んでいることがわかります。

それに気づかなければ、これほど価値あるトレーニングの塊であるレッスンを、どれほど粗末に扱い、無駄にしてしまうかしれないのです。

 

バレエは日常の筋肉の使い方とはまったく異なるので、バレエ特有の筋肉の使い方を正しく学んでレッスンしないと良くない筋肉の付き方になってしまい、きちんと踊ることも難しくなります。

 

●バレエの動きは、すべて厳格な決まり事で構成され、曖昧さを一切許しません。体の使い方はとても厳密で科学的です。

その厳格な決まりと、厳密な体の使い方を学び、徹底的に覚えこませる事がレッスンの目的です。

 

どうやって覚えこませるか・・・ 実はそれが一番大切なことなのです。

身体は脳からの指令で動き、また、どう動かしたかによって鍛えられる筋肉も違ってきます。

そしてその筋肉は、脳や神経からの伝達がきちんと行われないと思うように働いてくれません。

 

●筋肉に意思はありません。脳が何をやるか理解して、こうしようと意識し、命令しない限り、正しく動くはずはないのです。

ですから、どう考えて、どう動かすかはとても重要なことなのです。

 

バレエの上達に欠かせない本当に大切な『鍵』がそこにあります。

バレエが本当に上達するためには、正しいレッスンのやり方を真に理解できる指導を受け、きちんとした『メソッド』を知る事こそが、一番の近道だからなのです。

 

現実に、何年もやっているのに何も教わっていない、何一つきちんとした指導を受けていない、すべて間違っているという例が後を絶ちません。 一見出来ているかのように見える上級者であっても例外ではありません。

バレエについて正しく知ることの大切さは、いくら力説しても足りないくらいなのです。

 

~次は②量より質の重視に続きます~