本当に効果的なレッスン

  • TOP
  • 本当に効果的なレッスン

本当に効果的なレッスン

バレエが本当に上達するには、バレエについての本当に正しい知識と徹底した指導が不可欠です。
バレエで一番大切なことをきちんと学び、良いレッスンをしなければ、
上達どころかもっと悪い結果となってしまいます。
しかし、一体何が正しいレッスンなのでしょうか?

アサミバレエクラスでは、バレエの本当に正しい理解が得られ、
より上達できる効果的なレッスンを徹底して行っています。

本当に上達するためのバレエ・レッスンとは

【正しい理解の重要性】

 

バレエの基本動作には、バレエのための身体を作り、確かなテクニックを生み出すためのはっきりとした目的があります!

 

しかし本当に正しいレッスンや目的をきちんと知らないままに、間違った努力をし続けている方や間違った指導をしている方々も非常に多く存在します。

 

●正しいレッスンと、間違ったレッスンではその効果に大きな差があるばかりか、間違ったレッスンではかえってマイナスになり、直すのが非常に困難な癖がついてしまうのは勿論、体を痛めたり、脚が変形してしまったりすることもあり、上達どころか良くない方向に行ってしまうばかりです。

 

●時間も労力も無駄になり、伸びるべき才能を失ってしまうこともあります。

 

『もっと上達したい!本当に上を目指したい!』 と願われている熱意ある方々へ、
アサミバレエクラスでは、バレエの身体をいかに作り上げ、確実に上達していくためにはどうしたら良いのかを、きちんと指導いたします。

 

伝統ある本物のバレエ芸術と、そのレッスンの本質を正しく理解して行うことにより、更なる上達へと導き、バレエを踊るための心身をより一層高めていきます。

全ては頭の理解から始まります

レッスンの全てに重要な意味があります。

 

なぜこの動きをやるのでしょう? なぜ、必要なのでしょうか?

 

プリエやバットマン・タンデュ、ロン・ド・ジャンブなど、レッスンで必ず行われるエクササイズは、身体のどこをどのように鍛え、踊りの何に役立っているのか、明確に答えられるでしょうか?

 

レッスンの動きには、バレエの身体を作り上げ、確かなテクニックを生み出すためのはっきりとした目的があり、『正しく行われないと全く無意味なもの』になってしまいます。

 

筋肉にも、それを動かす脳の働きにも正しい鍛え方があり、レッスンの全てがバレエのためだけの重要な筋トレとストレッチで構成されているため、『厳格に守られなければいけない科学的な理由』があります。

 

骨格の立て方、姿勢や動きをもたらす筋肉の働き、力の方向性や入れ具合など、きちんと理解して行わないことには身体を作るトレーニングとしての役割を果たすことは絶対に出来ないのです。

 

全てに無駄な瞬間はなく、その厳密さの意味をまずは理解しなければなりません。

 

そこを曖昧にしたまま、いくらレッスンしても貴重な時間を無駄にしてしまうかもしれません・・・。
そして、正しくないレッスンは体に無理が生じ、上達どころかもっと悪くなることさえあるのです。

 

●無意味なレッスンから、きちんとした身体やテクニックが生まれるはずもありません。

 

『基礎レッスンの本当の意味と正しいやり方』を知れば、それがどれだけ効果的にバレエの身体を作ってくれるか、どんな補助トレーニングもかなわない、何より絶大な効果が潜んでいることがわかります。

 

それに気づかなければ、これほど価値あるトレーニングの塊であるレッスンを、どれほど粗末に扱い、無駄にしてしまうかしれないのです。

 

バレエは日常の筋肉の使い方とはまったく異なるので、バレエ特有の筋肉の使い方を正しく学んでレッスンしないと良くない筋肉の付き方になってしまい、きちんと踊ることも難しくなります。

 

●バレエの動きは、すべて厳格な決まり事で構成され、曖昧さを一切許しません。体の使い方はとても厳密で科学的です。

 

その厳格な決まりと、厳密な体の使い方を学び、徹底的に覚えこませる事がレッスンの目的です。

 

どうやって覚えこませるか・・・ 実はそれが一番大切なことなのです。

 

身体は脳からの指令で動き、また、どう動かしたかによって鍛えられる筋肉も違ってきます。そしてその筋肉は、脳や神経からの伝達がきちんと行われないと思うように働いてくれません。

 

●筋肉に意思はありません。脳が何をやるか理解して、こうしようと意識し、命令しない限り、正しく動くはずはないのです。ですから、どう考えて、どう動かすかはとても重要なことなのです。

 

 

0209_02
バレエの上達に欠かせない本当に大切な『鍵』がそこにあります。
バレエが本当に上達するためには、正しいレッスンのやり方を真に理解できる指導を受け、きちんとしたメソッドを知る事こそが、一番の近道だからなのです。
現実に、何年もやっているのに何も教わっていない、何一つきちんとした指導を受けていない、すべて間違っているという例が後を絶ちません。
一見出来ているかのように見える上級者やプロであっても例外ではありません。バレエについて正しく知ることの大切さは、いくら力説しても足りないくらいなのです。

量より質の重視

一般的に、とにかくたくさんレッスンすればそれだけ上手くなると思われていることが多いですが、本当のところは違います。

もしそれが間違ったやり方だったとしたらどうでしょうか。

 

バレエの厳密さと難しさはターンアウトを駆使した技術のためであり、そこが曖昧で未熟であるならば、そのレッスンはどんなに頑張ろうと意味がなくなってしまいます。

 

骨格の位置や筋肉の状態、使い方に間違いがないか、非常に細かくチェックしながら本当に質の高いレッスンをしなければ絶対に真の上達はあり得ません。

 

また、むやみに練習量だけ増やして身体をいじめるようなことは、効果がないだけでなく全く逆効果になってしまうこともあります。筋肉は使い過ぎると逆に衰えるという科学的事実もあるのです。

 

運動過多に陥ると、身体の回復、修正が遅れ、むしろ働きが弱まって上達を遅らせる原因となり、怪我や故障を起こしやすくなってしまいます。

 

私達の体は生きている細胞で作られ、科学的に出来ています。
身体が整っていくのには生理学的な適正があり、とにかく身体を動かし、筋肉を鍛えれば良いという考えでは本当は意味がありません。

 

週何回、何時間レッスンしたかということよりも、それに見合った上達が得られているか、一回一回のレッスンでどれだけ確実な成果を上げているかという事の方が大事なポイントです。

 

そして、間違ったレッスンでは、やればやるほど間違った使い方になり、修正が難しくなる一方です。
どれだけレッスンしたかより、どれだけ正しいレッスンをしているかの方が余程大事なことなのです。

 

科学的根拠に基づいた質の高いレッスンをきちんと行なえば、短期間で無駄なく無理なく上達することも可能であると思います。

解剖学とバレエ

02_02

アサミバレエクラスでは、解剖学や運動生理学に基づいた正しいレッスンを指導いたします。

 

指導する際、ただこうしなさいというのではなく、なぜそうしなければいけないのか必ず説明します。

 

それは、技術的な問題はもちろんのこと、バレエは一歩間違うと重大な怪我や故障を引き起こす危険性もあるからです。

バレエは、日常とかけ離れた身体にも負担の大きい特殊な技能が必要とされるものです。

解剖学を正しく理解してレッスンをしなければ、その結果は悲惨なものになってしまいます。

 

しかし、骨格や筋肉についての正しい知識を持たないダンサーや指導者が多いのも事実です。
そのため間違った練習法で誤った方向に行ってしまっている方々がたくさんいます。

 

身体を自在に操るために、間違ったクセをつけて後悔しないように、怪我や故障で苦しまないように、身体のことをもっとよく知り、上達への近道を歩んでほしいと思います。

 

解剖学的アプローチのバレエ教育は、今や不可欠のものとなっています。
指導者はもちろんのこと、バレエを学ぶ方々やダンサー自身も解剖学的な理解を深めて、より良いレッスンと踊りができることを切に願っています。

 

身体の仕組みに沿った正しいレッスンで、美しく磨かれ開花していくのです。

 

 

●そして、バレエの上達で誰もが悩むのがターンアウトですが、実は誰でも改善できる余地は充分にあり、間違ったやり方で出来ていない可能性が高いです。

しかし、それにはテクニックを焦らず、基礎にとことんこだわる信念と辛抱強さがどうしても必要です。

 

ターンアウトの習得なしに先に進んだとしても、結局は上手くいかず永遠に課題は残りますが、逆にターンアウトがきちんと出来るようになれば、難しく見える技術も難なくこなせる日がやって来ることでしょう。

 

『ターンアウトはバレエ技術の最大のエネルギーの源』ですが、それがなくては『無駄な力』がたくさん必要になり、つい使いやすい筋肉を頼って『自己流』の体の使い方を編み出してしまうからです。

 

筋力によってターンアウトが得られ、その筋力を利用した技術で踊るのがバレエです。

 

基礎レッスンにはターンアウトの筋力トレーニングが充分組み込まれていますが、そのやり方自体が正しくないため、出来るようになっていかないというのが真実であり、決して骨格条件のせいばかりではありません。

 

実際、かなり頑張ってきたけれど思うようにいかないと嘆いていた人達の多くも間違った立ち方、筋肉の使い方が邪魔をしていただけで、決して開かない脚ではありませんでした。

 

正しいターンアウトは爪先の角度云々ではなく、筋肉の使い方次第で充分変われますが、それには精通した教師の徹底した指導のもとに先を急がないレッスンが絶対に必要です。

 

「かかと前!」「内腿を使って!」と言われるだけではわからない、出来ないことがたくさんあるからこそ皆苦労していると思います。

 

充分に理解できる指導の中で、じっくり取り組むことが何より大切で最も効率の良い上達法です。

ターンアウトを自由に扱えてこそ本当の「バレエ」が始まり、真の上達が待っているからです。

 

◆ターンアウトの先にある本物~バレエの本当の難しさ~はこちら

3つの指導方針

  • ワガノワメソッド
  • 本当に効果的なレッスン
  • 少人数制クラス
    基本方針
バレエの悩みや疑問を持つ方、バレエ教室の選び方などのご相談もお受けしています。